1. 学生支援センターホーム
  2. 学生生活
  3. 学生生活における注意

学生生活における注意

公共の場におけるマナー

大学は地域社会と共存し、地域社会に愛される存在でなければなりません。
その上では、大学に通う学生一人ひとりが地域社会を構成する当事者であるという自覚を持った行動をお願いします。
場所や時間帯を無視した大声での会話や横並びに列を作っての歩行、歩きスマホや歩きタバコ、ゴミのポイ捨て。「自分一人くらいなら」や「他の人もやっているから」という自分本位な考え方で、軽率な行動をとっていることはないですか?
安易に周りに流されるのではなく、「まずは自分から!」という気概で、同志社大学生として良識ある行動を心掛けてください。

【身近なマナー違反】
  • 公共交通機関での迷惑行為
  • 公共スペースの占有
  • 違法駐輪
  • 私有地への不法侵入
  • 公園での禁止行為(球技など)
  • 所構わない非常識な飲食

キャンパス内での禁煙、路上喫煙の禁止

 改正健康増進法の施行に伴い、2020年4月からキャンパス内は全面禁煙です。また、受動喫煙防止の観点で、京都市の条例等により定められた場所以外での喫煙は禁止されています。
 その中で、大学近隣の路上やコインパーキング、公園、私有地内等で喫煙し、当たり前のように吸い殻をその場に捨てていく本学学生や関係者の情報が多数寄せられています。
 喫煙はあなた自身の健康を害するとともに、あなたのまわりにいる人にも悪影響を及ぼします。同志社大学に在籍する者として、許可された場所以外での喫煙行為は厳に慎むようにしてください。

成年年齢引き下げに要注意!

2022年4月1日より成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。このことによって、18歳になれば一人でさまざまな契約行為ができるようになります。これは、親の同意を得ることなく、アパートの賃貸契約やクレジットカードの作成、あるいはローンを組んで高額な商品を購入することができるようになります。

これまでは、未成年者が契約を交わす場合には親の同意が必要でした。また、未成年者が親の同意を得ずに契約した場合には、民法で定められた「未成年者取消権」により、その契約を取り消すことができました。この未成年者取消権は、未成年者を保護するためのものであり、未成年者の消費者被害を抑止する役割を果たしていましたが、今回の変更により、その権利は行使できなくなります。
しかし、ここにつけ込んでくる悪質な業者もいますので、契約を結ぶ際には事前に契約内容をよく確認し、本当に支払いができるのか、自分にとって必要な契約なのか等について慎重に検討するようにしてください。
少しでもおかしいな、勧誘の方法が強引だったなと感じた場合には、契約を結ぶ前に学生支援センターや京都府・京都市の消費生活センターへ相談するようにしてください。

なお、飲酒・喫煙、公営ギャンブル等については、今回の成年年齢引き下げに関係なく、20歳になるまで禁止です。さまざまなトラブルに巻き込まれないためにも、18歳になったらできること、20歳になるまでできないことについてしっかりと確認しておきましょう。

関連情報

関連情報

  • 「18歳から大人」特設ページ
    消費者庁では、「18歳から大人」として行動できるよう、関連する情報を紹介していますので、それぞれ確認するようにしてください。