継志寮(教育寮)

教育寮の外観図
入寮募集はこちら
ドミトリー・アシスタント(DA)募集はこちら

新教育寮の名称について

新教育寮の名称は「継志寮」(けいしりょう)に決定しました。
同志社大学の創立者である新島襄が1889 年12 月10 日に認めた書簡の一文「誰カ余之志を継き此事業を成就セしむるあるへしと陳へたるなり」(『新島襄全集第4巻書簡編II』)に由来します。この寮の寮生には、新島襄や同志社に連なる方々の「志」を受け継ぎ、その実現を先導するような人物に成長することが期待されています。

継志寮のコンセプト

  • 人種、性別、障がいの有無、文化等の様々な違いや背景を持つ学生が混住・交流する環境のもと、多文化共生、地域社会との異世代共生を実践する生活を通して多様な価値観を理解し合い、その違いを新たな創造へ導く力を持つ人物の養成を目指します。
  • 共同生活を通した人格形成の場という学生寮の特長を伸長させるため、寮生は全員Residential Learning Program(寮生が、地域社会との関わり等を通した実践学習に参加し、その成果の発表や振り返りを通して自己の成長を確認する取り組み)に参加いただきます。
*プログラム内容は今後決定いたしますが、まずは寮に慣れ、大学に慣れ、地域に慣れることをスタートとして、地域との関わりに重点をおいたプログラムになる予定です。

概要

  • ダイバーシティ・キャンパスの具現化を牽引する、本学初の「教育寮」
  • 京都市市街地景観整備条例にもとづく勾配屋根と軒庇の外観、高さを低く抑えることで周囲の街並みと調和するデザイン
  • 外部の方へのプレゼンテーション等が可能なエリアを設置
  • 各フロアにはシャワールームを配備、地階には浴室を設置
  • 留学生2名、国内学生3名の5名を1ユニットとして、1フロアに16ユニット80人が居住

入寮募集について

2022年4月入寮の募集は終了しました。

ドミトリー・アシスタント(DA)

ドミトリー・アシスタント(DA)は、継志寮に寮生として居住しながら、ボランティア活動として、寮の管理運営を補助するとともに、担当するユニットの安全・衛生管理、寮生活の相談・指導に取り組み、Residential Learning Program(RLP)の運営等の寮生の学びを支援する等の役割を担います。


ドミトリー・アシスタント(DA)募集について

2022年入寮の募集は終了しました。

さらに詳しい情報は継志寮特設サイトでご案内しています。

VISION2025ウェブページ内に、継志寮特設サイトができました。

関連情報